イメージコンサルタントになるためには資格は必要か?

イメージコンサルタント

国際イメージコンサルタントの井上亜紀です。イメージコンサルタントになりたいと考えている方から多く受ける質問「イメージコンサルタントになるためには資格は必要ですか?」について答えていきたいと思います。

海外の場合

まず、海外の場合について話していきます。アメリカでイメージコンサルタントになりたいと思った場合、大学や専門学校で資格を取得するという方法が最も一般的だと考えられます。

私の場合は、ニューヨーク州立ファッション工科大学でイメージコンサルティングを学びました。ニューヨーク・マンハッタンでは、金融、政治、法律、不動産などの外見を意識する仕事がたくさんあります。

なので、自然とイメージコンサルタントの需要が高くなっています。そして、イメージコンサルタントのレベルも世界でもトップレベルとなっています。

世界トップレベルの環境でイメージコンサルティングを学べたということは、私にとって刺激的な経験だと思っています。ニューヨークで学んだ知識を日本のお客様にサービスとして提供できていることは、とても嬉しいことです。

日本の場合

逆に日本の場合は、アメリカと変わってきます。まず、アメリカのようにイメージコンサルティングを専門的に教えている大学や専門学校はありません。日本にイメージコンサルタントの数が少ないことや、イメージコンサルタントがあまり多くの方に認知されていないということも関係しています。

しかし、現在多くの方がビジネスシーンで外観の重要性に気づき始め、イメージコンサルティングの需要が日本でも上がり始めています。イメージコンサルティングの需要が上がるにつれ、イメージコンサルタントになりたいという方も自然に増えていきます。

しかし、いざイメージコンサルタントになりたいと思った時にアメリカのように専門的に学べる大学や専門学校はありません。そして、ある疑問も生まれます。それが、イメージコンサルタントになるためには、資格が必要か必要ではないかです。

日本でイメージコンサルタントになりたい場合、すでにイメージコンサルタントとして活躍しているイメージコンサルタントが開講しているイメージコンサルタント養成講座を受講して、イメージコンサルタントになるために必要なスキルを学ばなければなりません。

養成講座の内容は、養成講座を開講しているイメージコンサルタントによって内容は変わってきますが、イメージコンサルタントの基本スキルである、パーソナルカラー分析、骨格診断、マナーなどを学びます。

そして、資格についてです。日本の場合、イメージコンサルタントと名乗るためには、資格は必要ありません。しかし、イメージコンサルティングを学んだという証拠や実績が必要になってきます。

イメージコンサルタント養成講座を受けることで、養成講座開講先が修了証を発行してくれる場合がほとんどだと思います。独学で学ぶことも可能ですが、すでにイメージコンサルタントとして活躍されている方からイメージコンサルティングを学んだ方が圧倒的に知識を吸収できると思います。

最後に

「イメージコンサルタントになるためには資格が必要か?」という疑問を抱えている方のお役に立てるようにこの記事を作成したしました。日本の場合は、イメージコンサルタント養成講座を受講して、修了証をもらってからイメージコンサルタントとして活動できるようになると考えると良いと思います。

イメージコンサルタントになりたい方や、イメージコンサルタントに関して質問がある方は、下のLine@から気軽にご質問ください。

LINE@に登録してイメージ戦略に関する情報を
いち早くゲットしよう!

ブログやソーシャルメディアで公開していないイメージ戦略の情報を
LINE@登録者限定に公開しています!

LINE@登録

関連記事一覧