転職面接時のファッションについて

イメージコンサルタント

ここ最近、転職を行う人が多くいると思います。転職は、新しい環境への挑戦と考えている方もいるでしょう。転職を成功させるためには、面接官の方に対して好感を与える必要があります。今回は、ファッションの観点から面接時に相手から好感を持ってもらえるポイントについて話していきます。

リクルートスーツは着ないようにしましょう

特に20代後半から転職を考えている方は、リクルートスーツを着ての面接は避けるようにしましょう。なぜらならば、20代後半の方はすでに社会人と見られており、リクルートスーツを着ることで仕事のできない人と思われてしまうからです。面接に行く場合は、ビジネススーツを着用して面接を受けましょう。

ネクタイの色には気をつけよう

面接時のネクタイは、派手なネクタイではなく、少し地味なネクタイにしましょう。基本的には、スーツに合うものを選びましょう。さらに戦略的にネクタイを選びたい方は、色が無意識に与える心理的影響を考えて選ぶのも良いです。

受けたい業界に合わせる

各業界には、それぞれの決まりのファッションが存在します。それを事前に調べて業界に合わせたスーツで面接を受けることで面接官に好印象を与えることができます。もし、業界の服装がわからない場合は、その業界で働いている友達に相談するのもありです。

清潔感は重要です

多くの方が気にするのが清潔感です。もし、面接しに来た方が清潔感ゼロの服装をしていた場合、高確率で不採用にすると考えてもよろしいでしょう。そのくらい人は、清潔感を意識します。清潔感をあげるためには、体にフィットしたスーツや髪型を綺麗に整えるなどの準備をして起きましょう。

これから転職を考えている方は、自分の見た目が相手にどのような印象を与えているのかを考えて見ましょう。相手に良い印象を与えているのか、悪い印象を与えているのかが重要な要素になります。人は、数秒で相手の第一印象を外観で決めてしまう生き物です。少しでも戦略的に外観を変化させることで予想通りの結果を上手に引き出させることができます。

LINE@に登録してイメージ戦略に関する情報を
いち早くゲットしよう!

ブログやソーシャルメディアで公開していないイメージ戦略の情報を
LINE@登録者限定に公開しています!

LINE@登録

関連記事一覧