ビジネスで大切な第一印象を意識していますか?

イメージコンサルタント

国際イメージコンサルタントの井上 亜紀です。ビジネスを行う上で必ず人と会うことがあると思います。初めて会った方とその後に良好な関係でビジネスを行えるかは、相手とあなたの第一印象が重要になってきます。お互いの印象が良いと続けて関係を続けることができますが、もしお互いの印象が悪いと良い関係を続けるのは難しくなります。お互いだけではなく、片方の方が悪い印象を相手に持ってしまった場合も良い関係を続けるのは難しいと考えられます。初対面の時に気をつたいポイントについて説明していきます。

1、アイコンタクト

まず、気をつけるポイントとしてはアイコンタクトです。相手にいい印象を与えたい場合は、アイコンタクトをしっかり行うようにしましょう。アイコンタクトを行うことで相手との信頼や本気でコミュニケーションを取っていることを相手に感じ取ってもらうことが可能になります。しかし、会話中ずっと相手の目を見ていると、相手も不快になってしまうので、バランスよくアイコンタクトを取るようにしましょう。商談やミーティングがあるときに、アイキャッチを意識してみましょう。

2、話し方

次は、話し方です。トナリティーという言葉を聞いたことがあるでしょうか? トナリティーとは、声の調子という意味になります。トナリティーを使用することで、相手の信頼を得ることができ、ビジネスで相手との関係構築を上手に構築することが可能になります。話の内容や雰囲気にあったトナリティーを使用することがコツです。今度ビジネスシーンで話す機会がある場合は、トナリティーを意識して話してみましょう。

3、表情

3つ目は、顔の表情です。人とコミュニケーションを取るときに表情は重要な要素になってきます。特に重要な表情は、笑顔です。相手とのコミュニケーション中に一切の表情がない場合、相手に不快な思いをさせてしまいます。しかし、会話中に笑顔があることで相手との信頼関係が生まれて、さらに深い話をすることが可能になります。普段自分が、ビジネスでどのような表情をしているのかを観察してみましょう。

最後に

第一印象を意識したコミュニケーションを行うことで相手との信頼関係の構築が可能になり、ビジネスでも良い結果が期待できるようになります。これからは、アイコンタクト、話し方、表情の3つを意識したコミュニケーションを行なってみてください。これから3つのポイントを意識してコミュニケーションを行うことで第一印象を良く相手に見せることができます。

LINE@に登録してイメージ戦略に関する情報を
いち早くゲットしよう!

ブログやソーシャルメディアで公開していないイメージ戦略の情報を
LINE@登録者限定に公開しています!

LINE@登録

関連記事一覧